ホットヨガウェアとして使う服の種類・選び方の注意点

ホットヨガを行う場合、服装には少し注意を払って置く必要があります。

前提として、室温35~39度程度の室内でエクササイズを行い、且つ高湿度の環境になっていて発汗が非常に促され易いという側面があります。その為、動き易い服装である事は勿論なのですが、それと同時に熱を閉じ込めるような機能が高い服装は避けた方が賢明となります。

通常のヨガであればヒートテックを着て行う人もいますが、ホットヨガでは全く適切ではありません。基本的にホットヨガウェアとしては、ジムワーク・エクササイズで使う服装が適すると言えます。

そして発汗の多さを考えると、身体にウェアが張り付き易くなるので、袖の短い半袖・ランニングがより望ましいと言えます。また最も適切なのはホットヨガウェアとして専門的に販売されるものとなりますが、そうしたウェアは比較的機能性が高い事もあって、値が張りがちです。

ホットヨガは前述のように高温多湿の環境下で行うので、どうしても体質的に続かない人が出易い傾向にあります。その為、形から入る事を意識して専用のホットヨガウェアを購入すると、骨折り損となるケースが意外にあります。

そこでまずは比較的安価で汎用性の高いウェアを活用する方が、より気軽に始められて適切と言えます。該当するウェアは価格メリットを最大限に押し出すタイプの低価格帯ブランドでも比較的揃っている傾向があり、2~3着程度揃えて始めるのが効果的と考えられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です