生理前のダイエットに無理は禁物

ダイエットをしている女性にとって生理前は憂鬱になる時期です。

なぜならば、体重が一向に減らず、とてもモチベーションが下がるときだからです。なぜこの時期体重が落ちにくくなるのかというと、それは女性の身体の仕組みと大いに関係してきます。

生理とは、受精卵が着床しなかった子宮内膜が、体外に排出されることを指しますが、そのコントロールを行なっているのが、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンです。

黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くさせ、基礎体温を上昇させるなど、妊娠のために働くホルモンなので、排卵日後に最も多く分泌され、徐々に減っていきます。生理前は、その黄体ホルモンの影響を最も強く受ける時期なのです。

黄体ホルモンは来たる生理のために身体に水分を溜め込ませようとする働きがあります。その結果、身体がむくみやすくなり、便秘などの原因にもなり得ます。また、よく言われる月経前症候群を引き起こすホルモンでもあるので、精神的に不安定になって、過食に走ったりする傾向を強めます。

そのため、いくらダイエットをして食事や運動に気を配っても、痩せにくいのです。自分の身体と言えども、自分自身でホルモンコントロールをすることは不可能なので、この時期はダイエットすることよりも、いかにホルモンとうまく付き合っていくかを考えるべきです。

女性ならばお判りのとおり、生理の時期は疲れやすく、体調の安定しないことも多くあります。そんな時期でも生命を維持できるように、現代の飽食の時代など考えられなかった太古の昔に私たちの身体に組み込まれたシステムなのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です